まき 男性用オナホを使って…

企画内容を何も聞かされないまま(いつもの事だが)待機しているまきちゃん。そこへ監督が入って来る。そして説明を始める。スタッフも聴いておらず困惑する中、急遽監督発案の企画が始まる。スタッフに「精子が必要だから」とダマし、使用させたオナホール。中にはたっぷりの精子。そしてそれを使ってオナニーをするように指示をする、いつもながら気まぐれの監督。匂いが生々しいオナホを受け取り、使用したスタッフが目の前に居る中オナニーを始めるまきちゃん。

まき 絶対に逝ってはイケないオナニー

「取り敢えず電マでオナニーをしてください」との指示に従って電マオナニーをしていたまきちゃん。カメラが回っていないことに不思議を感じていたが、そこへ監督が入ってきて逝ってはイケないことを伝えられる。逝きそうになると「逝ってはダメ」。電マを止めると「電源を入れてください」と。地味に逝ってしまおうとするが、監督の方が一枚上手!コンセントを抜き強引に止めてしまう。だんだん気が○ったように気持ちいいのか何だかが分からなくなってくるまきっちゃん。

まき 嫌な顔をされながらもおまんこを見せてもらった

撮影の合間にちょっとコンビニに買い出しに行ってきたまきちゃん。玄関ではドS女性ディレクターが待ち受けていた。帰って来るなりいきなり「パンツを見せてください」と意味が分からず怪訝な顔をするまきちゃん。口達者なまきちゃんはその要望を回避しようといろいろ言い返してくるが、聞く耳を持たないディレクター。早くこの現状から逃れたいとちょっとずつ言いなりになるまきちゃんだが、なんだかなぁ…嫌がりながらも指示に従っていくまきちゃんだが…

まき クローズアップクリトリス

まきちゃんのピンク色で綺麗な突起部分クリトリスをクローズアップ。割れ目を上に引っ張り上げるとクリトリスの皮が剥け綺麗なピンク色の突起クリトリスが顔を出す。ただそのままじっと動かないでいる。しかし、割れ目を引っ張り上げる指がピクピクと動くとまるでクリトリスが自分で動いているようにヒクヒクと動く。そのクリトリスをアップで観察する作品。